ギックリ腰とは?重心と体の使い方

ギックリ腰とは?

身の回りで腰痛って聞くと多いのが”ギックリ腰”。

数回やっている人であれば感覚的に「あ、今の体制マズイな。」と体が感覚的に覚えている事が多いはず。経験ない人だとあまりの痛さと動けなさでびっくりすること間違いなし!そんなギックリ腰ですが、医学上は腰部捻挫と称される事が多いですが実はほとんどの人が経験されているギックリ腰は腰部捻挫ではありません。それこそ本物の腰部捻挫であればギックリ腰を相当上回る痛みを伴うそうです。治療にはケガの名称を付けなければ処置を行うことができないので同じような症状をひとくくりにしてるだけだと思います。詳しい区別をうんたらのべてもつまらないので多くの人が遭遇する本当の腰部捻挫以外のギックリ腰について今日は綴っていきたいと思います。

あ、ちなみに本当の腰部捻挫であれば整体でどうにかなるようなものではないのでこちらでそのような判断をした場合施術をせず速やかに病院へ行くことをおススメします。

ギックリ腰と動作と重心と

ギックリ腰で多いのが下にある物を上に持ち上げるときに”グキッ!”とやっちゃう事ではないでしょうか?

その時の体の筋肉の状態にもよりますが、やはり寒くて朝の体の動かし始めが危険な気がします。筋肉全体が縮こまってますからね。それでいて腰で物を持ち上げようとした時。動作で細かく言うと腰を後ろへ持っていこうとする動作ですよね。その状態で物を引っ張り上げるんで腰を後ろへ反らせる筋肉が異常収縮を起こしてしまいます。そしてこの異常収縮が腰の痛みの引き金となってる訳なんです。なので大半の場合は腰周辺に原因が有る訳ではなく、体前面の方にある筋肉が原因となる訳です。それともう一つ体の重心から離れているところで作業しようとするから余計にその筋肉に負担がかかるのです。

DSC_0165

重心が離れていて腰だけで持とうとすると・・・

そうならない為にも、体の沢山の部分を使って物を持ち上げる。膝を曲げ、肘を曲げ、腰を曲げる。そうすればおのずと重心は持ち上げるものに近くなり、持ち上げる時も膝、腕、腰を使って持ち上げれば負担が分散され腰を曲げる筋肉がおかしくなることは少なくなります。

DSC_0167

重心を近づけ体全体で持つ!


かくいう自分もギックリ腰を何回もやってます(笑)力仕事をしてる事が多かったですからね。その経験を元にあみ出したのが腕の力で持ち上げればいいじゃん!です。膝・腰を使わずに腕だけで持ち上げると必然的に腰痛・膝痛からは遠ざかりますが、二頭筋がやたら発達し肩が内巻きになり稼働が狭まります・・・特定の筋肉に頼った悪い例ですね。そうならない為にも今は意識して体全体を使うよにしてます。

さて、そんなギックリ腰の原因となる一例をあげてみました。このように言葉で述べても楽をしようとしてやってしまうのが人間の性。そんな時の為に自分らのような整体が有る訳です。当整体では慢性的な腰痛や当然ギックリ腰にも対応しております。ただギックリ腰の場合あまりにも痛みが酷く一番触りたい筋肉へアプローチする事が初回では困難な事があり短めの施術で終了する事があるのでご了承下さい。

4月正式にオープンですが、現在も施術行っております!先日も突然ですがこられた方おりました!お気軽にお問い合わせください!

整体BodyGarageへのお問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です