庄内では唯一!トリガーポイントと筋肉の性質をあなたの知識にいれてみませんか?

トリガーポイント?

最近こんな事を言われます。

「今まで色々な整体や接骨院、整形や針治療に行ったんだけど、こんな所を押されるのは初めて。」

「膝が痛いのにこんな箇所に痛みが出るなんて知りませんでした。」

などなど。

それは・・・”トリガーポイント”と呼ばれる理論を基にした整体だからです。トリガーポイントを簡単に言うと、痛みの出ている箇所ではなく別の箇所に原因がある。その原因がある箇所がトリガーポイントです。その箇所が引き金(トリガー)になって痛みを引き起こしてしまう為そう呼ばれていますね。

例えば太ももの裏側が上手く使えてない為、筋肉が縮みっぱなしでそこが原因で腰痛を引き起こしてしまう。

トリガーポイントの厄介な点としては、痛みの原因となる所なのに普段は痛みを感じない事がある点です。施術やストレッチを加えると予想以上に痛みが出たり動かせないことが多いですね。

そもそも痛い所をほぐして改善するのであれば整体や筋肉の性質とかなんか勉強する必要ないですから。痛い所をひたすらほぐすみたいな。

自分が行っているトリガーポイントを基にした整体では関節の動作、姿勢などで使われる筋肉の収縮・短縮に着目したものです。

様々な療法・治療法がある中で一番基本的な事だと思うのですが、その基本をぶっ飛ばして「腰痛にはコレ!」だとか、「膝痛はここを鍛えよう!」とか言うのは少し残念です。

自分の体なのでもっと興味・疑問をもって他人任せから脱却してみませんか?痛みの原因は必ずどこかにあります。

「力は入れるものじゃない!出すものだ!」

これ自分の師匠の名言のひとつなんですが、普段の動きや姿勢、不必要な所に力が入り過ぎていませんか?

重心を上手く使い、力を出す事ができればより良いパフォーマンスを発揮できます。逆になんでも力任せや楽な姿勢を続けると体は壊れやすくなります。

痛みの出にくい体を作るには重心の使い方が重要でその多くは股関節、骨盤の動きによるものです。

%e5%8a%9b%e6%af%94%e3%81%b8%e3%82%99

先日こんな力比べをしたのですが、皆さん腕ばかりに力が入ってましたね。まぁ体格差も手伝って全然負ける気はしませんでしたが、こんな僕も整体を習い始めた頃は女性の卒業生や自分より体の小さい師匠には敵いませんでした・・・

重心を思うようにコントロールできれば力比べで女性が男性に勝つ事もできます。

痛い所を改善させるのは大前提ですが、また痛みがぶりかえすようでは意味がありません。体の使い方からしっかりと指導して痛みから遠ざかる体づくりができるような整体院を目指してます。

ちなみに自分が調べた範囲ですが、庄内でトリガーポイントを取り入ている整体はBodyGarageだけです。

今まで通っていたところでは改善が見られない方や、治療、施術方針が不透明だと思ってる方お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから・・・

TEL:090-2368-3724(佐藤)
メール:uketuke@seitai-bodygarage.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です