置いてけぼりにならないように

現在より未来を考える

気づけばもう11月。ブログの更新も放置。反省します・・・

さて先日酒田のとある起業家の方へ訪問整体に伺わせていただきました。

整体のことはともかく、その方はここ酒田で若い方が働きやすい仕事環境を作ったり、起業される人の支援などを行っています。

人口の減少、そして流出が止まらないこの田舎町で働く場所を確保し、それを食い止めようと頑張ってるようです。(間違ってたらゴメンナサイ!)

先の衆議院選挙でも感じたんだけど、投票率は当然若者が少なく、高齢の方が多い。

これはどこでも一緒かもしれないけど、これからの人生の余命を考えたら当然若者の方が長生きする。すなわち今投票して政治を判断することは20年後、30年後の自分に返ってくるはずです。だってそもそも4〜5年で社会の制度を大幅に変えることなんてできませんから。徐々に変わっていって最終的にこうなったっていうオチでしょう。

年金なんかも一つの例。僕らが支給されるころは支給開始がきっと70歳もしくは75歳になってるかもしれません。んで大幅に減額されてることでしょう。要は死ぬまで働けってことです。

今、若い世代が60、70歳になった時にきっと今よりもっと政治に興味を示し、文句を垂れ投票したところで余命10数年。(決して早く死んで欲しいって事ではありませんのであしからず)大した変化はおとずれないんじゃないんですかね?

だからもっとたくさんの人が”現在”ではなく”未来”に興味を持ってもらいたいものです。まぁ曖昧なマニフェストしか提示できない政党、私利私欲にまみれた政治家がいるので興味が薄れてしまうのもしょうがないでしょうが・・・

“http”から”https”へ

時の流れも早いものだけど、ITの進化はもっと駆け足。

ちょっと目を離すと置いて行かれいつのまにか時代遅れに・・・

我が整体のサイトも時代の流れに置いて行かれないように少し細工を施しました。

何かと言うとサイトの”SSL化”。

要はこのサイトとの通信を暗号化するという作業です。

大手サイトやSNSなんかも普通にされてますが、URL欄のhttpがhttpsになって鍵マークがついてるはずです。

これがなされてないと言う事はクレジットカードの情報などを入力する際、悪意ある人から盗み見される可能性があると言う事です。

まぁ自分のサイトは特に個人情報を入力する箇所はありませんが、お問い合わせの入力欄にメルアドがあるので少しでも保護をと思ったからです。

google先生からテキスト(文字)の入力欄があるだけで保護されているページがそうでないか判断されるのもそう遠くないでしょう。

やはりサイトを開いた瞬間「保護されてないページにアクセスしようとしています。」って警告出ると警戒されちゃいますからね。

ちょっとてこずった箇所があったけど無事成功。(このブログのURLみれば分かるか 笑)

URL欄に鍵マークがつきました!

現状のままで問題ないって事は永遠に続かないものです。少しでも良い方向に舵をきらなければいずれ問題が起きるはず。国政でもネットでも体でも。

自分も時代の流れの中で滞らないよう進化し続けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です