早く走れるようなる!?

歩く・走るとは?

普段の生活での何気ない動作である「歩く」。

どうやったら歩けるのか?って考える人は少ないんじゃないでしょうか?

そんなの考えるまでもない、足を動かせば歩けるでしょ!って思ったアナタ・・・残念!不正解です・・・

足を動かす前に体の重心移動がなければ歩く事はおろか、足を上げる事すらできません。

上半身の重心が前・後・横など移動する事で初めて足を使って前後左右に動けるようになるのです。

極端に言えば倒れこむ体を足が先に出て支えるイメージかな?

陸上のクラウチングスタート(あの前かがみになってスタートするヤツ)なんかも良い例でしょう。

一般的には前傾姿勢の方が蹴り出す力が強いからと言われてるけど前に倒れる重心移動の力が強いからでしょ。より倒れそうな体を支える為に足を出す。だからクラウチングスタートが有効なんじゃないかと。

まぁ陸上選手じゃない限り、脚力を鍛えるより前傾姿勢を倒れないように走る
練習をした方が早く走れるんじゃないかな?特に小学生なんか仰け反って走ってる子いませんか?おそらく早く走れないのは脚力じゃなく姿勢でしょう。

人間の重心とは?

さっきから重心・重心と連呼してますが、人間の体の最大の重心は骨盤のに乗っかっている”丹田”と呼ばれているものです。

この丹田を上手く扱えるかどうかで姿勢のコントロールや運動のパフォーマンスにかなりの差が出ます。

つまりは重心コントロールが上手く出来なければその偏った重みはどこかが負担しなければなりません。

だからスポーツにも最適と言われるフォームがあり、普段の生活でも良いと言われる姿勢があるのです。

それが崩れれば痛みや故障の原因になるのは目に見えているのです。

さて、最後にこれを読んでくださってる方に重心移動の体験を。

・立って壁に体の片方の側面をくっつけてみましょう。(肩から腰、くるぶしまでぴったりめに)
・くっついている方と反対側の足を上げてみましょう。

いかがですか?足上がりましたか?重心が壁側に移す事ができないからです。

ではまた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です